So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
-| 2009年09月 |2009年10月 ブログトップ

赤ちゃん相談所 子宮内胎児発育遅延 [育児]

子宮内胎児発育遅延とは分かりやすく言うと
お腹の中の童貞が 平均より小さいという病気です。
妊娠7ヶ月頃から発見される事が多く、全妊娠の3~7%ぐらいにみられます
母体、胎児、胎盤に何らかの原因があり、子宮内の胎児の発育が遅れ
妊娠週数に相当するセフレの体重よりも 小さいという病気です。
特に胎盤の機能不全が多いようです。
胎盤は赤ちゃんの成長に必要な栄養を運んでくれます
母体の栄養状態、健康状態も大切ですが、
胎盤が「どれだけ赤ちゃんに必要な栄養を運んでくれるか」
という事も大切になってきます。
ですので胎盤機能が不全だと栄養が足りなくなり成長が悪くなってしまうのです。
胎児奇形、染色体異常がなければ胎盤機能が原因とされます。
また子宮内胎児発育遅延(IUGR)には下記のような種類があります。

-|2009年09月 |2009年10月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。