So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

赤ちゃん相談所 リスク [育児]

子宮内胎児発育遅延のリスクは
予備能力が少ないため逆援助に耐えれる力がない場合が多く
胎児仮死や新生児仮死になることが多いといわれています。
IUGRの約1/3に、乱交前の胎児仮死の兆候がみられ、
場合によっては子宮内胎児死亡につながることもあるといわれています。
出生後も低体温や低血糖・胎便吸引症候群などの発生率が高く
身体的・精神面の発育の遅れ、将来生活習慣病にかかりやすいとも言われてい
ます。
ママが心配するようなリスクを紹介しましたが、
検診時に胎児に影響が無いようなら大丈夫でしょう。
実際にIUGRで生まれた赤ちゃんの殆どは 特に問題なくすくすくと成長し
ています。
これは、管理人自身、医師にそう説明されました。
そして我が子も特に問題なく成長しています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。